黒染めについて

市販の黒染めをされたあとに「明るくしたいです」というオーダーをいただくことがあります。

就活が終わった時期、実習が終わった時期に特に多いオーダーになります。

●市販の黒染めと美容室での黒染めの違い

①市販の黒染めはどんな人(髪色・髪の太さ・傷み)でも黒くなりようにできています。

②そのため、薬剤のパワーが強いの髪の毛に負担がかかり、傷んでしまいます。

③ご自分で染めた際、バランス良く塗布できないため、ムラになります。

一番のデメリットは明るくなりにくい、色がはいりにくいことです。

黒染めされている方は染料が濃く残っている場合がおおいです。

ハイトーンカラーや、アッシュ系の色を入れる場合の妨げとなります。

美容師も目視だけでどれくらいの染料が髪に残っているかを判断するのは難しく、

お客様のカウンセリングの中で、

「いつごろ黒染めをしたか」 「来店するまでに何回黒染めをしたか」を聞き、「おそらくこのくらい残っているだろう」という判断でカラーをしていきます。

美容室の黒染めは期間によって色の濃さを変えていきます。

一人一人にあった調合で黒染めをご提案していきます。なので、黒染め後のカラーチェンジが可能です。

黒染めを考えたらまず、美容師さんに相談してみましょう。

 

 

関連記事

  1. 髪を束ねる女性
  2. ドライヤーをかける女性
  3. 編み込んだ髪の女性
  4. カラーリング
  5. つやのあるヘアスタイルの女性
PAGE TOP