市販のカラー剤について

新型コロナウイルスによる外出自粛のため、ホームケアをする方が増えてきたと思います。

今回は市販のカラー剤について紹介したいと思います。

○市販のカラー剤のメリット○

・時間がなくても簡単に染められる

・あまりお金がかからない

○市販なカラーのデメリット○

・根元だけを染めることは難しいため、毎回全体染めになるので髪が傷む

・後ろが見えないのでムラになる

・白髪が染まりにくい、退色しやすい

毎回市販のカラー剤で染めていると髪のダメージが大きくなります。

髪が傷み過ぎるとパーマなどの施術が難しくなります。ヘアチェンジを頻繁にされる方や、髪の長さを伸ばしている方はお勧めしません。

白髪染めをしている方の場合は白髪を染める染料が上から重なってしまうため、毎回全体を染めていると毛先が暗くなってしまうので注意が必要です。

ホームカラーをされる際は、カラー後もトリートメント等でしっかりとヘアケアされることをお勧めします。

メリット、デメリットを考えてホームカラーとサロンカラーを使い分けていただければと思います。

 

 

 

関連記事

  1. 紫外線防止のため帽子をかぶった女性
PAGE TOP